本文へスキップ

そこにある家具が素晴らしい食事空間を作り出すのです。

キッチンボードのタイプ

何に合わせるか

おいしい食事はキッチンボードから/何に合わせるか

食器棚をコーティネートする際は何に合わせるかを考えましょう。 例えばすでにシステムキッチンがあった場合、その表面のパネルに合わせると キッチンに統一感が出てスタイリッシュになります。 ダイニングテーブルが近くにあるならそのテイストと合わせると、 ダイニング空間に統一感が出てきます。 壁紙の色に合わせてホワイト色のものを選べば、壁に溶け込むような 印象のすっきりとしたイメージになります。 キッチンテーブルは大きな家具なので、このように部屋に与える影響も 大きくなります。 すでにあるものに合わせてカラーや素材を選択すれば、大きな失敗をする ことは少ないでしょう。


扉のタイプから

大抵のキッチンボードは両開き扉かと思いますが、狭いスペースに置きたい のならスライド扉もお勧めです。 開閉時に扉をぶつけないか気をつける必要がないのでアクシデントも 起こりにくいですし、水平方向の力で開かないので地震の際も安心感が あるでしょう。 出し入れのしやすさでは一度にオープンできる開き戸(観音式)が便利ですが、 キッチンスペースが狭い場合は扉を開けるスペースも考慮して引き戸が 使いやすくなります。 下部が引出式になっているものも多くありますが、こちらも奥のものを 取り出すには手前に70センチ以上のスペースがないと、引き出しを 引く度に自分が横にずれることになるので注意しましょう。


設置スペース

調理スペースが狭かったら、その分キッチンテーブルの選択に工夫する必要 があります。 キッチンの調理台が狭い場合は、食器棚をオープンタイプのキッチンボードや カウンタータイプにすると作業台としても使えるので便利でしょう。 奥行が広めだと物も置きやすくさらに使いやすくなります。 設置場所に余裕があるなら今後増えていくであろう食器類を効率よく収納 するため、食器棚はあらかじめ大きめを選びましょう。 背の高いタイプは空間を有効に使えるので人気ですが、入ると思って購入 したけど天井の出っ張りにぶつかって入らなかった、という失敗談も ありますので、天井の梁から2センチくらいの余裕を見ておきましょう。