本文へスキップ

そこにある家具が素晴らしい食事空間を作り出すのです。

ダイニングテーブル

脚を揃える

おいしい食事はキッチンボードから/脚を揃える

テーブルとチェアは脚を揃えるのがポイントです。 テーブルの脚が木製ならチェアの脚も木製で、色も同じ印象のものに 揃えると統一感が出てきます。 さらにチェアの背や座面も木製にするとより統一感が出てきます。 ですが脚さえ揃えておけばそれ以外の部分はプラスチックにしても いいですし、木材の種類を変えても面白くなります。 この点については個人の好みで良いでしょう。 脚という土台を揃えることだけ注意して、あとは部屋の雰囲気や使う人の 好みなども考慮して決めて下さい。


ノダホーム
愛知県西三河地域のエクステリア工事はノダホームにおまかせ。ウッドデッキやカーポートなど。
http://www.nodahome.co.jp/company/

素材から選ぶ

ダイニングテーブルは水平面に広い面積を取る家具なので、必要以上に 大きなものを選ばないように、余分なスペースは節約したいものです。 そのためにはまずテーブルを使用する人数を把握しましょう。 2〜3人なら円卓や正方形のものがコンパクトでスペースにも 余裕を持たせることが出来ます。 正方形タイプの中にはエクステンション機能が付いているものもあるので、 急に人数が増えたり子供の成長にも対応しやすいタイプがあります。 4人以上なら長方形か楕円形のものが収まりが良いでしょう。 長く使用することを考えるのであれば、ある程度高品質なエクステンション テーブルがお勧めです。


どこまで妥協するか

テーブルの素材によっても部屋の雰囲気は変わります。 木製のダイニングテーブルを使っている家庭も多いと思いますが、くつろぎを 目的にするならその選択は正しいでしょう。 逆に日常的にフォーマルな雰囲気、格調高いディナーといった雰囲気を 味わいたいのなら、表面がツルツルしている石製のもの選びます。 石製のテーブルはある程度の緊張感を演出することになり ちょっと一般的ではないかもしれませんが、こういった点も ダイニングテーブル選びの参考にして下さい。 もちろんダイニングテーブル単体ではなく、ダイニングチェアや キッチンテーブルとの相性も考えなければいけません。